6番:俺たちに翼はない
2015-07-19-153456
2009年にNavelから18禁恋愛アドベンチャーゲームのコンシューマ版で,発売元は5pb.
プラットホームはPlayStation®3PlayStation®Vita
ジャンルはADV
季節は冬,柳木原の街を舞台に繰り広げられる様々な人間ドラマを描いている作品。
このゲームの魅力としてたくさんの登場人物が挙げられ,それぞれに世界があり,どのキャラクターも物語を語る上で必要な要素になっていることだろう。
本作は全奏『俺たちに翼はない〜Prelude〜』から明日香,京,美咲を収録しておりそれらをプレイすることでより一層おれつばの世界観を体験することができる。
また追加要素で林田美咲が新たに攻略可能ヒロインに昇格,新規書き下ろしイベントCGも追加されている。
2015-07-19-153331
普通の恋愛アドベンチャーと変わりはなく物語内の選択肢を選んでヒロインを攻略していく形式。
このゲームの場合は各主人公ごとに攻略できるヒロインが違うのでまずは自分が好みの主人公のストーリーからやるのがいいだろう。
第一章の羽田鷹志編の評価は高くなく,それでこのゲームを積んでしまう人も多いようだ。
第二章は千歳鷲介編はギャグテイストが多めなエピソードになっていて,本作の独特なノリについていける人は面白く感じるだろう。
第三章の成田隼人編では夜の柳木原を舞台にダークな雰囲気が漂う物語が展開される。
各章の選択肢を選んでいき一番好感度が高いヒロインの物語に入るようになっている。
その場合他のヒロインとのフラグは完全に折れてしまいルートにすら入れなくなる。
羽田鷹志編での攻略可能ヒロインは3人,千歳鷲介編が1人,成田隼人編が2人,最終章で1人。
物語の核心に迫る最終章は三章までをクリアしていることが解放の条件でとある選択肢で展開が変わり最終章をプレイ可能になる。
ギャルゲー初心者の人にもとっつきやすい作品ではないのだろうか。
一度見たエピソードはシーンスキップ機能でスキップ出来るため,何度も見る必要性が無くなり快適にプレイできる。
ゲーム内BGMも種類が多く,ぴったりな雰囲気で飽きが来ない。
そしてまずはOPだが、移植用に新曲を一曲収録されていて,クリアなイメージのするとてもいい曲だ。残りの曲もどれもよくMOVIEモードで鑑賞もすることも可能。
グラフィック面は悪くはないがPC版のようなクオリティーはなく平凡といったところ。
Vita版での操作性はあまりいいものとはいえない。

2015-07-19-152722

トロフィー数:14
プラチナ1,ゴールド11,シルバー1,ブロンズ1


プラチナはすべてのトロフィーを獲得する
ゴールドは各ヒロインのルートと『俺たちに翼はない〜Prelude〜』渡来明日香編,山科京編,林田美咲編を終了と「俺たちに翼はない」本編をクリアすると取得できる。
シルバーは『俺たちに翼はない〜Prelude〜』軽部狩男編を終了すればいい。
ブロンズはゲームをプレイを開始すると獲得できる。



評価(5段階評価)
1.キャラクター:★★★★☆
2.グラフィック:★★★☆☆
3.サウンド:★★★★★
4.シナリオ:★★★★★
5.ゲームシステム:★★★☆☆
6.操作性:★★☆☆☆
7.難易度:簡単
8.ゲーム性:★★★☆☆
総合評価:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆